アメリカの大統領選挙の時でしたでしょうか。
当選が決まったとたんに、アメリカの株価は
急落だったでしょうか。しかし、大統領になる方が
経済政策にふれた演説をされたようで、今度は
上昇したように思われますが・・・・。

日本でも、9月28日に衆議院の解散があり、
10月に選挙があるようです。解散の話が
出始めたころから、株価はあがっていたようですが・・・・。
これは、現在の政権が選挙後も続くと
見通されていたのでしょうか。

ところが、25日に新党の設立が発表されたようで、
そこから少し違ってきたようです。新党に
支持が多く集まるかもという予測も
出てきたのでしょうか。様子を見ようという
ところも出てきたように思われますが・・・・。

それぞれの側が公約とする経済政策について、
どのようなことを打ち出すのか、そのことによって
景気を見通してみようということになるでしょうか。

しかし、有権者一人ひとりには判断の優先順位が
あるように思われますが・・・・。投票の結果で、
経済政策について市場はどのように判断し
見通したかは株価にあらわれるでしょうか。

選挙と株価、一見つながりはうすいようにも
思われたりもしますが、そんなことは
ないようにも思われたりもしますが・・・・。
投票結果と株価のつながり、気になる
ところでしょうか。
2017.09.29 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
衆議院が解散となるようで、総選挙も
近いということになるでしょうか。

アイドルグループの総選挙というのも
あるようですが・・・・。グループに
所属しているアイドルに、ファンから投票してもらい、
最高得票を得たアイドルが、選ばれたグループの
中心になって歌曲などが催されるというもだったで
しょうか。投票用紙は、発売されたCDと
一緒にケースに入っていいるようで、
それを購入すると投票できるとか・・・・。

そんな企画にヒントを得たのでしょうか。
スーパーでも総選挙をするところが
あるようです。何の総選挙かというと、
惣菜の総選挙のようです。惣菜について
それぞれがアピールを行い、お客さんに
よいと思うものに投票してもらうということの
ようです。勝利したときは安売りとか詰め放題とかなどの
公約もあるようです。選挙期間中は、演説もあって
チラシにも盛り込まれているようです。

そのスーパーでは、工夫して毎月の企画に
取り組んでいるようです。ヒントのなかにはお客さんからの
アンケートによるものもあるでしょうか。
スーパーはコンビニなどにおされぎみの
ところもあるようですが、お客さんと
近い関係をつくって、売上げを伸ばすように
努めているように思われますが・・・・。

個人消費が思うように伸びてこないなかで、
伸ばそうとする企画は、景気の更なる回復に
つながっていくのではとも思われたりもしますが・・・・。
2017.09.27 Wed l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近、アメリカの経済は好調のようです。
失業率は低いようですし、株価も高い
ようです。アメリカの今年の4月~6月の期の
国内総生産(GDP)も年率で換算すると
前の期よりも3%増えていようです。

リーマンショック以後に始まった
アメリカの金融緩和。2014年には緩和の
規模の拡大を終え、2015年の末には
利上げをしたようです。そして、2016年には1回、
2017年になって2回の利上げもしたようです。
金融緩和によって、世の中に多く流れている
お金の量を、利上げによって、徐々に
少なくしていくようです。

世の中に、お金の量が多く流れすぎると
インフレになって、物価の上昇が抑えられなくなって
しまうようです。アメリカは物価の上昇の
目標を2%としていたようですが、その目標に
届く前に、金融緩和を縮小しつつあるようです。

インフレにならないように、お金のめぐりが
悪くならないように、その様子を見ながら
金融緩和の出口へと向かうということに
なるのでしょうか。

世界の経済に影響のあるアメリカの
経済のこと、ちょっと気になるところでしょうか。


2017.09.22 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ソーセージやハム、チョコレートなどでは、
加工食品として表示されている原材料を
確認されて購入されているでしょうか。
安全・安心の元になるものとして、認識されて
いることと思われます。

その加工食品の表示について、9月1日から
変わったようです。原材料名だけでなく、
その原産国も表示するようになったようです。
例えば、原材料名が牛肉ならば、
牛肉(○○国、△△国、その他) というように
なるようです。「その他」というのは、原材料が
多い順から2番目まで国名を書き、3番目からは
まとめて、そのように表示されるようです。

時期によって輸入する国が変わったりする場合は
(○○国または△△国)というふうに表示される
ようです。チョコレートなどのように、加工された
製品で輸入されたものは、製造した地の名を
表示するようになるようです。他にも表示の仕方が
変わっているところもあるようですので、
混乱されないように気をつけられたほうが
よいのではとも思われたりもしますが・・・・。

加工食品で、原産国の表示の対象とならないものは、
店内で調理されたもの、包装しないで売られて
いるもの(鮮魚、パンなどがあてはまるでしょうか)、
外国で加工されて輸入されて売られているもの、
などがあるようです。

食の安全・安心について関心が高まっている
今日、加工食品の表示について、工夫されて
いるようです。内容が分かれば加工食品を
購入する際の選び方も変わってくることもあるのでは
とも思われたりもしますが・・・・。

2017.09.19 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
高齢化社会になりつつある中で、定年退職後は
のんびりとゆとりをもってと思っておられる方も
おられるでしょうか。また、定年退職になっても、
まだまだ元気、、若い人たちと一緒に働いて
生活をしていきたいと思っておられる方も
おられるでしょうか。

そんな中でも、やはり、年金はいつから
もらえるのか、気になるところでしょうか。
年金支給開始は原則として65歳のようです。
ところが、選択によっては60歳からの支給と
いうこともあるようです。反対に70歳からの
支給ということもあるようです。65歳を中にして
60歳から70歳で受け取る年齢を選択することが
できるようです。

ただし、早く受け取るようにすると、一番大きくて
30%の減額、遅くすると一番大きくて40%の
増額となるようです。現在の状況や将来の
見通しも考え合わせて、何歳から受け取るように
するか、考えてみるのも大切でしょうか。
一度選択した受け取り開始の年齢は
変更できないようですので・・・・。

70歳になったら、現在では、それ以降に受け取りを
開始するという選択はできないようですが・・・・。
ところが、今、内閣府の有識者の検討会で
年金受け取り開始の年齢を70歳を超えても
できるようにできないか議論されているようです。
これができるようになれば、若い人たちと一緒に
元気で働く高齢者の方もますます多くなっていくのではとも
思われたりもしますが・・・・。

自分のライフスタイルに合わせて、ライフプランと
マネープランを作成し、年金受け取り開始の
年齢を選択する、そんな時代になりつつ
あるのかもとも思われたりもしますが・・・・。
2017.09.15 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top