FC2ブログ
冬の寒い日に熱くした甘酒を飲むと
おなかも温まって心も温まって
ほっと一息、ゆったりとした気分に
なられた方もおられるでしょうか。
冬の温かい飲み物として甘酒は昔から
よく知られているでしょうか。

ところが、この甘酒は、江戸時代には
夏場の飲み物だったようで、夏バテの対策として
よく飲まれていたようです。それででしょうか、
甘酒は夏の季語として俳句に使われて
いるようです。

甘酒の栄養は、栄養剤の点滴と
よく似ているようです。甘酒を飲んで栄養を
取り入れてと、江戸時代の人たちは
生活の知恵として、身に着けていたのではと
思われたりもしますが・・・・。

現代のイメージとしては、甘酒は冬場の
飲み物でしょうか。ところが、甘酒を夏場にも
販売しようという企業が増えているようです。
近年話題となっている熱中症の対策として
冷やした甘酒を飲もうということでしょうか。
菓子メーカー、酒造めーかー、食品メーカー、
など次々に商戦に加わっているようです。

江戸時代の飲み物を「今に」ということに
なるでしょうか。市場規模は拡大しているようで
2016年は141億円にもなったようです。
熱中症の対策の飲み物として販路が
広がれば、今後さらに市場規模は
拡大しそうです。

となれば、株式の投資先に売れ行き好調の
甘酒を販売するメーカーを選ばれる方も
おられたりするかもとも思われたりも
しますが・・・・。売れ行き好調となれば、
その波及効果はどんなところにでるか、
ちょっと気になるところでしょうか・・・・。

2017.07.18 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jlstuff.blog24.fc2.com/tb.php/726-45903b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)