FC2ブログ
安くてよいものを、と思うのは、どなたも
同じだと思います。しかし、比べる観点が
違うと安さの比較も違ってくるようで。

同じ文房具でも、100円で買ったものは1年しか
もたなかったが、500円で買ったものは10年
使えたとなれば・・・・。

生鮮食品でも、見た目は悪いが味は同じとなれば
安いほうを買うことも。しかし、今日はよいこと
があったので、奮発して高いほうを買おうと。

生命保険でも同じことが言えそうです。

低解約返戻金型の終身保険があります。低解約返戻金型
の終身保険というのは、保険料払い込み期間中に解約
すると、解約返戻金はそれまでに払い込んだ保険料の
総額よりも少なくなるようですが、払い込み期間が過ぎて
払い済みになると、解約返戻金が払い込んだ保険料の
総額以上になることもある保険のようです。保険料は
高いようですが・・・・。

また、平準定期保険というのがあって、保険料は安い
ようです。保障期間を決めてその期間中保険料を払い、
解約返戻金は少しずつ積み立てられていくのですが、
保障期間終了時には、解約返戻金はなくなるようです。
解約返戻金がピークの時に解約すればと考えることも
できますが、後の保障がなくなり、解約返戻金も、払い
込んだ保険料の総額に比べると、半分にも満たないようです。
つまり、解約返戻金にあたる部分も見込んで保険料を
安くしているのでしょうか。

万が一の時の保険金が同じとすれば、保険料の安いほうが
よいと思われますが、もし、万が一のことがなければ
割高の保険料でも払い込んだ保険料の総額よりも増えて
戻ってくる方が、とも思われます。

皆さんの考えに合うのは、どっち?、でしょうか。

2012.09.04 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jlstuff.blog24.fc2.com/tb.php/233-62ff7e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)