FC2ブログ
税収が増えなくて施策に予算の手当てが
十分できないとなれば、国債を発行してと
いうことになるでしょうか。国債は借用証書の
ようなもの、いずれは返済しなければならない
のですが・・・・。税収が増えることも必要とも
思われたりもますが・・・・。

7月4日に財務省が平成29年度の決算の
見通しを発表していたようです。これによると
税収は58兆7875億円となるようです。これを
過去と比べてみると3番目に多いもののようです。

基幹の3つの税といわれる所得税、法人税、消費税が
いずれも前の年度の額を上回ったようです。企業の
業績がアップし、給料も上がって、商品も売れてと
いうことになるでしょうか。お金が回り始めていると、
思われたりもしますが・・・・。

今後も、世界的に好景気が続き、税収が増えて
いけば、税収だけで国の予算がまかなえることも
あるかもとも思われたりもしますが・・・・。
なかなかそうとはいかないかも・・・・。

まず、税収などの借金によらない歳入と、
借金の元利返済に関らない歳出で、予算が
できればよいのですが・・・・。税収が
増えれば、それを目当てに要望も
多く強くとなってということもあるでしょうか。
そうなると、すべてカットというわけにも
いかないかも・・・・。

収入を増やして無駄な支出は省く、
家の予算も国の予算も基本は同様とも
思われたりもしますが・・・・。特に収入が
増えたとき、その増えた分をどのように
するのか、思案のしどころとなるようにも
思われますが・・・・。
2018.08.28 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top