高齢化社会に進みつつあるなかで
社会保障費が増えていくことも
国の予算編成上の課題のひとつかもとも
思われたりもますが・・・・。

そんな中で、診察料が0.55%の引き上げとの
新聞記事をみました。近隣の医院等で
受診したときにもらう明細書には
「診察料」の文字は見当たらないようです。
そこには、細かく項目が分けて
あって、あてはまる項目には○○点と
点数が書かれているようです。
そして、その合計点数を10倍したものの
30%を自己負担分として、受診した
医院等に支払うようになっているようです。
診察料とは、診察を受けたときに
必要な金額のことをいうのかもとも
思われたりもしますが・・・・。

ちなみに、国が、明細書にあるような
項目について、価格を決めている
ようで、2年に1度改定されるようです。
ただ、薬の価格については引き下げ
られるようで、そこで出る金額などを
あてることなどによって、診察料を
0.55%引き上げるようにするようです。
ただし、診療報酬全体としては1.19%を
引き下げることになるようです。

診察料は引き上げのようですので、
近所の医療機関で受診された時は
支払う自己負担分は、上がるように
思われますが・・・・。心の準備、
必要かもとも思われますが・・・・。


今年1年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
2017.12.26 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top