FC2ブログ
不況によって、アメリカもヨーロッパも
日本も金融緩和を行っていました。
世の中に多くのお金を流すことによって、
お金の流れをよくして、景気の回復を
はかってきたようです。

お金の流れがよくなって、景気が回復して
くれば、物価もアップしてくる。アメリカも
ヨーロッパも日本も、物価の2%アップが
目標だったようですが・・・・。しかし、まだ
2%には届いていないようですが・・・・。

アメリカは、経済の様子をみながら、金利を
あげ始めているようです。経済が思わしく
なさそうになるようなら、金利の引き上げを
見送ったり、時には金利の引き下げも
あるでしょうか。そのようにして、金融緩和を
終了する方向へいくものと思われますが・・・・。

ヨーロッパも金融緩和を段階的に縮小して
いくようです。国債の購入を月に800億ユーロと
していたのを600億ユーロに減らし、さらに減らす
方向にあるようです。これらが順調なら
アメリカのように金利の引き上げにということに
なるでしょうか。期間をかけて様子を
みながら、金融緩和の出口へということに
なるでしょうか。

日本は、まだ金融緩和は継続されている
ようです。出口の論議をすべきではという
声はあるようですが・・・・。どのように
なれば、金融緩和の出口へと歩み始めるのか
気になるところでしょうか。
2017.10.27 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top