アメリカの大統領選挙の時でしたでしょうか。
当選が決まったとたんに、アメリカの株価は
急落だったでしょうか。しかし、大統領になる方が
経済政策にふれた演説をされたようで、今度は
上昇したように思われますが・・・・。

日本でも、9月28日に衆議院の解散があり、
10月に選挙があるようです。解散の話が
出始めたころから、株価はあがっていたようですが・・・・。
これは、現在の政権が選挙後も続くと
見通されていたのでしょうか。

ところが、25日に新党の設立が発表されたようで、
そこから少し違ってきたようです。新党に
支持が多く集まるかもという予測も
出てきたのでしょうか。様子を見ようという
ところも出てきたように思われますが・・・・。

それぞれの側が公約とする経済政策について、
どのようなことを打ち出すのか、そのことによって
景気を見通してみようということになるでしょうか。

しかし、有権者一人ひとりには判断の優先順位が
あるように思われますが・・・・。投票の結果で、
経済政策について市場はどのように判断し
見通したかは株価にあらわれるでしょうか。

選挙と株価、一見つながりはうすいようにも
思われたりもしますが、そんなことは
ないようにも思われたりもしますが・・・・。
投票結果と株価のつながり、気になる
ところでしょうか。
2017.09.29 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top