FC2ブログ
普段から健康に気をつかわれている方は
多数おられるでしょうか。しかし、仕事が
忙しくてなど、日々の忙しさに気をとられて
検診などを受けることは、なかなかできにくい、
そんな方も多くおられるでしょうか。

生活習慣病という言葉を、よくお聞きに
なっておられる方は多いと思われますが・・・・。
日々の長い生活習慣によって、身体に
変調が現れてくることになる病気を
生活習慣病というようです。

この生活習慣病になられる方を防ぐためにと
いうことになるでしょうか、特定検診、
いわゆるよくいわれているメタボ検診が
実施されることになったということに
なるでしょうか。40歳から74歳の方の
全員が対象のようです。

このメタボ検診を受けられる方は
増えているようですが、国が目標と
している数値にはなかなか届きにくいのが
現状のようです。

そこで、受診率が低い企業の健康保険組合や
共済組合に、後期高齢者医療制度への
支援金を増やそうということのようです。
以前にも受診率が低い組合には負担の率が
設定されていましたが、その率では
あまり効果がないとの判断のようで、
今度は更にその負担の率を引き上げようと
いうことのようです。メタボ検診の受診率が
高い健康組合には後期高齢者制度への
支援金が少なくなるということもあるようです。

健康に気をつけていない方が多いと
支援金が増えるということから、新聞の
見出しでは「罰金」という表現になったので
しょうか。

日々健康に過ごすことは、仕事をするうえでも
大切なことと思われますが、仕事が
忙しくなると、そのことに気をとられて・・・・と、
健康が忘れられることも多いでしょうか。
健康は大切にしたいが、かといって、
仕事もおろそかにできずということもあって・・・・。
忘れられないようにするために、検診や
人間ドックなどの日程をライフプランの中に
設定しておくのも一つの方法かもとも
思われたりもしますが・・・・。




2017.04.25 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top