2017年4月から消費税は10%に増税され
ますが、その際に軽減税率も導入されます。
軽減税率が適用されると、消費税は8%の
ままとなります。

軽減税率を適用するのはどの品目にするか
議論となることが多かったようです。適用する
品目を多くすると、その分不足する財源を
どこで確保するかが課題となるようです。
その目途があるのかも論議となったようです。

最初は生鮮食品だけという案だったようですが
異論があって、最終的には酒類と外食を除く
食品となったようです。その他、新聞なども
軽減税率の対象になるようです。

ファーストフード店で、よく尋ねられる
「お召し上がりですか」「お持ち帰りですか」の
言葉は、今後は必ずということになるでしょうか。
「お召し上がり」なら外食で消費税は10%に、
「お持ち帰り」なら外食にあたらないので
消費税は8%になるようです。

じゃあ、「お持ち帰り」しようと思ったが
気が変わって店内で食べていこうと
なった場合はどうなるの?ということに
なるでしょうか。消費税8%で買ったものが
消費税10%の対象となることに・・・・。
この逆もあるでしょうか。「お召し上がり」に
したが、時間がないので「お持ち帰り」に
したいということも・・・・。

実際に運用が始まってその経過のなかで
「これ、8%、10%、どっち?」という場面が
結構出てきそうに思われますが・・・・。
事前の、情報収集と心構えの準備が、必要かもとも
思われますが・・・・。


2016.02.26 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top