株価も景気を判断するための一つの材料と
好景気を期待するのであれば、毎日
少しずつでも上がってほしい、そんな気持ち
にもなってきそうですが・・・・。

1月21日に日経平均株価の終値が
1万6017.26円になったようですが、その時は
このまま下がっていくのではと、ちょっと心配に
なりましたが、翌日の日経平均株価の
終値は941.27円上がって16958.53円と
1万7000円台目前までになったようです。

株価は、下がり始めたらそれに合わせて
売りころあいを見計らって買い戻す、
上がり始めたらそれに合わせて買い
ころあいを見計らって売る、という方法で
利潤をあげるということもあるようです。
このような方法が多いのであれば
景気の行く末に大きな影響が出ることは
あまりないのではとも思われたりも
しますが・・・・。

何か気になることがあった時に、情報を
どうとらえてどのように分析するか
によって、リスクを避けるための
行動の仕方に違いがでるでしょうか。
有利な情報と不利な情報を、共に
できるだけ多く集めて考えてみるのも
よいかもとも思われたりもしますが・・・・。


2016.01.29 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top