私たちが子どものころはシールが全盛だった
ような記憶がありますが・・・・。商店街で買い物を
するとシールとシールをはる冊子がもらえ、
その冊子がシールでうまると、確か500円相当の
金券として使用できるというようなシステム
だったような覚えがあります。

時代が進むとともにシールはポイントとなり
そのポイントをためておくカードが発行されて
ポイントは今や日々の生活の中に深く入って
きているのではとも思われますが・・・・。
業種やチェーン店ごとにカードが違います
ので、持っているカードはかなりの枚数に
なることも・・・・。

1ポイントを貰うのに初期のころは100円が
多かったようですが、今は200円の
ところが増えてきているようです。ポイントの
有効期間は多くは1年のようです。1年間
まったくつかわなければ、次の年は前の
年のポイントはつかえないということに
なるようです。年数をかけてポイントを
多く貯めて高額なものを買うといったことは
難しいようです。

そして今度はそのポイントが共通化の
方向に進んでいるようです。つまり、
スーパーで貰ったポイントがファミリー
レストランでもつかえる、その逆もあると
いうようなことが今後広がってくるように
なってくるようです。そのようなカードが
今4種類までになっているようです。

電力会社や石油会社などとも提携して
いるようで、電気料金を払っても
ポイントがもらえる、車にガソリンを
入れてもポイントがもらえる、そして
そのポイントが他の業種でもつかえるとなれば、
ライフプラン・マネープラン上、どのカードを
保有するかは要検討というところで
しょうか。どんな業種と提携しているかを
見極めてということになるでしょうか。

日常生活に深くかかわるようになって
きたポイント、電子マネーのような
役割も果たしそうです。ライフプラン・
マネープランの中に組み込んで
ライフスタイルに生かすことも
大切かもとも思われますが・・・・。

追伸
1年間どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。




2015.12.25 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top