ギリシャの財政危機はひとまず回避と
いうわけにはいかなかったようです。
ユーロ圏が支援するための条件を
ギリシャが受け入れなかったようで
対案を出してきたのをユーロ圏側が
拒否したようです。つまりは物別れと
いうことのようで・・・・。

ギリシャは7月5日にユーロ圏からの
提案を受け入れるかどうかの国民
投票を実施するとのこと。しかし、今日
6月30日がIMFへの返済期限のようです。
ギリシャの首相は国民の決意を示す
ため、反対票を投ずるよう呼びかけて
いるのだとか。

ギリシャが債務不履行(デフォルト)に
なればギリシャ国民は困ると思われますが、
それだけでなく、昨日の日経平均株価の
終値が大きく下がったように、世界の
経済にも影響が出るのではとも
思われますが・・・・。

ユーロ圏の中には、ギリシャだけでなく、
ユーロ圏から支援を受けながら、財政の
立て直しをしている国もあるようですので、
ギリシャだけを特別扱いにするのは・・・・。

いわゆるチキンレースのようになって
いるようようですが、双方とも話し合いの
可能性をにおわす話もされているよう
ですので、時間はかかりそうですが
いずれ合意になるのではとも思われたりも
しますが・・・・。








2015.06.30 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top