住宅ローン金利が下がり続けている
ようです。住宅を購入するのに住宅
ローンを利用しようかと考えておられる
方には朗報といえるでしょうか。

大手の銀行では2月の契約分から
住宅ローンの金利を、A銀行では
年1.20%から年1.15%にするとし
B銀行ではすでに年1.10%にすると
発表しているようです。その他の
銀行でもローン金利の引き下げを
行うようです。

日本銀行の金融緩和などの影響で
住宅ローン金利などの指標となっている
長期金利が下がってきていることが
その理由ようです。

住宅ローンは長期に渡るものですから
住宅購入には今がよい機会といえる
かもしれませんが・・・・。

ただ、変動金利を選ぶ場合、そこには
リスクが潜んでいるかも・・・・。
長期ローンですと、今は低い金利が
長期の間に上昇してくることも考え
られますが・・・・。金利が上がって
くると利息に充てる分が増えて
月々の返済額が増えることも・・・・。

いずれにしろ、リスクを踏まえた将来的な
資金計画が大切なように思われますが・・・・。

2015.01.30 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top