FC2ブログ
2008年に始まったふるさと納税制度。
当初は都市と地方の税収の格差を
少なくするのが目的だったようですが。

仕組みは、自分が応援したい地方
自治体に寄付をすると、寄付した額
から2000円を引いた額が所得税から
還付され、翌年の、自分が住んでいる
地方自治体への自分が納める住民税が
少なくなるということのようです。

人気がでたのは、お礼とPRのために
特産品を贈る地方自治体がでてきた
からのようです。寄付の金額によって
特産品のグレイドも違うようですが。
2000円でそれ以上のものが送られて
くるとなると・・・・。

寄付する額は、家族構成と所得に
よって上限があるようですが、その
上限を倍増しようかという案もある
ようです。

自分が住んでいる地方自治体に
おいて、他の地方自治体に寄付する方が
多くなってくれば、自分の住んでいる
自治体の税収が下がるということも
ありそうですが・・・・。

地方自治体間でお礼品の競争
が過熱すれば、税金の本来の姿が
見えにくくなるようにも思われて
きますが・・・・。

ふるさと納税制度を資産運用に
活用するにも、良識をもってと
いうところでしょうか・・・・。


2014.07.25 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top