消費増税まで後4日、節税のための
買いだめには時間が少なくなり
ましたよと、消費を促す広告が
なされているようです。

4月1日以降はぐっと消費が冷え込んで、
景気が、とたんに悪くなるような
心配も頭をもたげてきそうですが・・・・。
そのことに備えて、いろいろと
対策も考えられているようです。

施策としては、自動車の購入に
ついては、自動車取得税の4月からの
引き下げがあるようです。これで
負担が少し軽減されるようです。
住宅の購入については、住宅ローン減税
が拡大され、年間最大20万円の減税が
年間最大40万円の減税になるようです。
更には、年収の少ない方には、別途
「住まい給付金」という支援策も
つくられているようで、この両方が
利用できる方は、増税後に住宅購入を
されたほうが、負担が減るようだとか。
住宅購入の場合、年収に応じて違う
ようですが、増税前増税後どちらがよいか、
検討されるとよいかも、とも思われますが。

各企業でもいろいろと対策を考えて
いるようです。外食産業では、値上げでは
なく値下げに踏み切るところも。デパート
などでは、ある一定以上の金額を購入
すれば4月以降に使用できる優待割引券
をわたしたり、また、一口5000円で
6000円分の商品が購入できる商品券の
ようなものを発売したりするところも
あるようですが・・・・。たしか商品券の
購入には消費税はかからなかったのではと
思われますが・・・・。この商品券の購入に
ポイントがつくとなれば・・・・。

ほかにもいろいろと考えられているようです。
消費増税後の節税策として、何をどのように
利用すればよいか、生活全般を見わたして
検討してみるのもよいかも、とも思われますが。


2014.03.28 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top