FC2ブログ
アメリカの金融緩和の縮小によって
ドル高円安が進んだようで、その
影響からか日経平均株価も上がり
つつあるようです。今日の東京の
株式市場では、一時16000円台に
なったとか。アメリカの景気が
回復傾向ということで、市場も
反応ということでしょうか。

そんななかで、内閣府が公表した
12月の経済月例報告では「デフレ」
という表現が消えているようです。
これは4年9ヶ月ぶりのことのよう
です。

円安によって輸入品の価格が上がって
いるようで、全体の価格を押し上げて
いるのだとか。しかし、価格が上がって
きて買う方が少なくなってくれば、
なかなか値段を上げるのは難しい
ものですが・・・・。それでも価格が
上がるのは、少しぐらい高くなっても
買う方が多くおられるのでは、という
ことになりそうです。

「デフレ」の表現が消えたのは、そんな
消費者の動向から判断されたように
思われてきます。しかし、この動向が、
迫ってきている消費増税後も続くか
どうかは、気になるところでしょうか。
これを踏まえて、いろいろな経済対策が
考えられているようですが・・・・。
2013.12.24 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top