一時15000円台まで上がった日経平均株価は、
現在は13000円台半ばのようです。外国為替
市場でも、1米ドル101円台のようです。以前
に比べれば、上がり下がりがあっても、円安
株高と言えるのでは、と思われますが・・・・。

各種の調査でも景気浮揚へと向かっているの
かもと感じられるものが出てきているようです。
円安を受けて業績が改善した企業のボーナス
がアップしたことなどもあって、大手企業の
夏のボーナスは、昨年と比べて7.37%増えそ
うとか。業績悪化のため、給与を削減して
いた企業も削減幅を縮小して継続するようで。

就業者数については、5月の調査よりも4万人
増えているとか。完全失業率は横ばいのよう
ですが・・・・。完全失業率がアップしている
のであれば、景気はさらに下降ということに
なるかもしれませんが・・・・。

物価下落幅も縮まったようです。円安による
輸入品等の値上がりが関係しているのかも
しれませんが、世の中にお金が回りだして
きているのかもと、考えることができそうにも
思われますが・・・・。

そんなこんなでデフレ脱却から景気回復へと
向かっているのであればと思われますが・・・・。

そんな中で、保険の積立利率の標準利率も
も引き上げられて、保険料が下がれば・・・・
と考えたりもしますが・・・・。
2013.05.31 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top