新聞等の報道によれば、増税に向けての論議が
進められているようです。困難が重なり、多額の
お金が必要なのはわかりますが、できたら増税は
避けてほしいという気持ちもあって、複雑な心境
の方も多いのではないでしょうか。

給料が上がる見込みも少なく、その上で増税と
なれば、給料が下がったように感じてしまうこと
にもなるのではと思いますが・・・・。

となれば、少しでも手持ちのお金を増やしたいと
思ってしまうのも致し方がないのかもしれません。
宝くじに当たるように、一時に大金が手に入れば
と思ってしまうことも・・・・・。

そこで考えたいのは「投資と投機の違い」です。

「投資」とは中長期に渡って資金を運用し「利潤」
追及することのようです。債権や株式、預貯金などの
金融商品を組み合わせてリスクを分散し、経済情勢に
よっては、その組み合わせ比率を変えるなどして運用
することのようです。

一方「投機」とは、例えば、特定の銘柄の株式が安くなり、
今がチャンスと思った時に、資金を投入し値上がりを待って
売りぬいて「利潤をあげる」というようなことのようです。
当然リスクも高いといえるでしょうか。今が「底値」と
思って買った株式が、更に値下がりするということが
あるからです。

できるだけリスクを少なくするための「分散」をしての
「投資」か、高いリスクを覚悟しての「投機」かは、一人
一人の「自己責任」でということになりますが、せめて
「元本割れ」した時に手を引く時の金額(例えば10万円損の
時にやめる 等)を設定しておくのがよいのでは、と思い
ますが・・・・。






2011.09.30 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top