FC2ブログ
外国旅行が趣味だったお父様が突然のご不幸、
相続財産の中に外貨が含まれていました。

私だったら「どうしたらいいのだろう?」と
迷ってしまいそうです。

そこで、調べてみました。
外貨についても、納税義務のある方が取引する
金融機関が公表している対顧客直物電信買相場
などで「円」に換算して相続財産に含めるよう
です。

とすれば、基礎控除の範囲内であれば相続税は
納めなくてもよさそうですが、「円安」の時で
「円」に換算すると相続財産総額で基礎控除の
範囲をこえるとなれば、相続税を納めなければ
ならなくなってきそうです。

こんなところにも相続対策を考えておく必要が
あるのかと「うーん」とうなってしまいました。

誰もが直面する相続、「その時に考えればいいやん」
と思いがちですが、そうはいかないように
思いますが・・・・・。

相続税の節税のためには、長い期間をかけての
対策が必要なのかもしれません。

2011.09.27 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top