過日受けましたファイナンシャル・プランニング技能士2級の試験の合格発表がインターネットで公開されました。
今回の試験については「受かるかもしれない」ではなく「多分だめだろう、合格点に近い点数が採れていれば、それでよし」という気持ちで一杯でした。勉強する内容が多く、硬くなりつつある頭にはなかなか定着しにくいものが
あったからです。試験場では制限時間を一杯に使ってやっと最後の問題をやり終えるような状態でした。
インターネットに合格者の受験番号が公開される日となりました。「学科」と「実技」の2科目のうち、まず「学科」の
方から調べていきました。順に追っていくと、私の受験番号の前後の方の番号はあるのですが、私のはありません。「やっぱりだめか」妙に納得している自分がいました。2回ほど確認しましたが、結果は同じでした。
次に「実技」の方を調べました。「結果は学科と同じだろうな」と思いながら見ていくと「えっ」と一瞬目が留まりました。私の受験番号とよく似た番号があったからです。何度も見比べましたが、やはり私の番号でした。
「へぇ~、あきらめずにやってみるもんだなあ」、これが私の素直な感想です。「時間はいくらかかるかわからないが、とにかくやってみよう」、そんな気持ちで始めた勉強、少しずつ実のりつつあるようです。
次回「学科」の試験に合格すれば、ファイナンシャル・プランニング技能士2級になることができます。現在はまだ手が届いていませんが、手が届きそうなところまできているようです。ステップbyステップ、これからも続けていきたいと思います。時には、しばらく立ち止まることがあったとしても・・・・。
少しのステップアップの繰り返しが、気が付けば大きなステップアップになっている、そんな「IRODORI(彩)倶楽部」になればと思います。
JLの社長をはじめスタッフの皆さん、更には応援してくださっているすべてのみなさんに感謝申し上げます。
2010.10.26 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top