FC2ブログ
相変わらず、朝早く目が覚めます。起きたとたんに「ムッ」とするような熱気のようなものを感じました。「いややな」と思い布団の上で少し寝そべっていましたが、意を決して立ち上がり、布団を出ました。窓を少し開けましたが
風もあまりないようです。「いややな」という気持ちが増幅し、ソファの上でしばらく「ジッ」として、TVを見ていましたが、「今日は出勤日、こんなことはしていられない」と思い直し、朝の準備を始めました。現役時代にはなかったことです。「老いたものだな」と自覚させられた気持ちでしたが、ちょっぴり自分に対する「くやしさ」も込み上げてきました。まだ意地だけは少し残っているようです。
私の家内の両親は、90歳を越えていますが、健在で小さな食料品店をやっておられます。時々様子を見に行く家内の話によれば、「お客のこない日」も多々あるようですが、義父は店先にいすを置いて座り、通りすがりの知り合いの方と雑談をしているとか。
私自身が90歳を越えた時に、「そんなふうにできるだろうか」といつも考えてしまいます。家内の両親がいつしか
「私の生きる目標」の一つになっているようです。
日常生活の中に、「老いてもなお元気に生きる」ヒントが沢山あるように思います。日々の暮らしぶりを披露し合いながら、「元気をもらいあう」、そんな「IRODORI(彩)倶楽部」になればと、思っています。
 
2010.06.22 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top