1年を3ヶ月ごとに4つの期に分けて
発表される国内総生産(GDP).
景気の様子を判断してみようとすれば
重要なものになるでしょうか。

2月14日に内閣府が昨年の10~12月の期の
GDPについて発表したようです。これによると、
前の期(去年の7~9月)に比べて0.1%増えていた
ようです。この増えたのが1年間続いたと
したらということでしょうか、年率換算で
0.5%増えたということになるようです。

このところ、8つの四半期連続で
プラスの成長ということになるようです。
8つの四半期連続ということは、
2年間プラス成長が継続されていると
いうことになるでしょうか。8つの期連続と
なると約28年前ということになるようです。
なおバブル期には12の四半期連続というのが
あったようです。12の四半期というと
3年間ということになるでしょうか。

企業のほうは業績が上がってきて
いるようで、設備投資も増えつつある
ようですが・・・・。しかし、個人消費のほうは
なかな思うようには増えてこないようです。
バブルがハジけてから、長いデフレの期間を
経験している消費者は、収入が
増えたからといって、すぐに支出を
増やそうとは、なかなか思われにくいのでは
ないかと・・・・。

個人消費をふやそうとなると、賃上げが
必要ということになりそうですが・・・・。
間もなく春闘が始まりそうです。ベースアップが
どれくらいになりそうか気になるところでしょうか。
2018.02.20 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
経常収支とは、外国とのお金の
やり取りに関する国際収支の1つの項目の
ようです。その経常収支が、2017年は
21兆円を超える黒字だったことを
2月8日に財務省が発表したようです。

21兆円を超える額とといっても、ちょっと
想像がつきませんが・・・・。つまり、
日本から出て行ったお金と日本に
入ってきたお金を比べると、日本に
入ってきたお金のほうが、21兆円を超える
額だったということになるのでしょうか。
家計に例えると、遣ったお金よりも
給料のほうが多く入ってきたということに
なるでしょうか。

この経常収支の中の第1次所得収支と
いうのが大きかったようです。前の年と
比べて、黒字の額が9.1%も増えて、
19兆7397億円だったようです。日本の
企業の海外の子会社が、利潤をあげて
日本の企業に送った配当金が増えたことに
より、ということのようです。

旅行収支も、訪日する外国人が増えたことに
より、昨年と比べると、これも黒字の額が
32.9%増えて1兆7626億円となったようです。

しかし、貿易収支の黒字は、去年よりも
10.8%少なくなって、4兆9308億円になった
ようです。原油が値上がりしたことにより
エネルギーに関する輸入の額が、昨年と
比べて13.9%増えて72兆2647億円になった
ようで、この額が輸出の額の黒字の幅を
減らしたようです。原油の値上がりは
ちょっと気になるとことでしょうか。

世界の経済は好調のようで、日本の
経済もその流れにのって2018年も
いけたらと思われたりもしますが・・・・。
しかし、ある日突然世界のどこかで
何かが起きて、世界の経済に
悪い影響がでるということも・・・・。
リスクには、しっかりと目配り気配りをと
いうところでしょうか。
2018.02.15 Thu l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
明日2月14日はバレンタインデー、思いを
相手に伝えるために、チョコレートを
贈る日とされているようですが・・・・。

ちなみにバレンタインデーの由来は、
キリスト教の司祭バレンタインが
殉教した日が2月14日だったようで、
そのことによるようです。

日本では、昭和30年代のようですが、
チョコレート会社がデパートで
バレンタインセールを行ったことが
きっかけだったでしょうか、チョコレートを
贈るという習慣が徐々に広まっていった
ようです。今では本チョコ、義理チョコ、
逆チョコなどという言葉も使われて
いるようですが・・・・。

関西のあるデパートでは、昨年の
バレンタインデーのセールの期間の売上げは
約20億円あったようです。それで今年は
それ以上を目指してということでしょうか、
種類としては3200も、その他、セミナーを
開いてチョコレートにかかわる体験を
してもらったりと、いろいろと工夫されて
いるようです。

さらには、日ごろの自分へのご褒美と
いうことでしょうか、マイチョコといわれて
いるように聞いたことがありますが、
自分へのチョコレートとして高価格なものを
購入される方もおられるとか・・・・。
その他、和菓子店でもハート型の饅頭や
どら焼きを販売するところもあるようです。

バレンタインデーが年中行事として
恒例化してきているようで、それにかかわる
商品も熱をおびてきているようで、そのために
遣う個人としての金額も増えてきそうでしょうか・・・・。
景気がよくなってきていろことの現われかも
とも思われなくもないかと、そんなことも
思われたりもしますが・・・・。


2018.02.13 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
好調なアメリカの経済のようですが、
利上げの年間の回数が増えるのではとの
予測からのようで、急激なダウ工業株平均の
終値の下落となったようですが・・・・。

2月2日のアメリカのニューヨークの
株式市場でのダウ工業株平均の
下落を受けて、5日の日本の株式市場では
日経平均株価の終値は22682.08円と
前週末よりも592.45円も下げたようです。

さらに、アメリカのダウ工業株平均は
5日には1175ドルも下げたようで、
アメリカの株式市場が閉まった後に開く
6日の日本の株式市場で、その影響等で
しょうか、日経平均株価の終値は、
前の日よりも1071.84円と大きく下げた
ようです。今は、日経平均株価の終値は
21000円台となっているようですが・・・・。

アメリカのニューヨークの株式市場では、
今は、値の動きはあらいようで、専門家に
よれば、株価の上昇が続いて調整という
動きがなかったようだから、今は
その調整の動きかも・・・・、ということの
ようですが・・・・。

アメリカのこの株安は、世界各国の
株式市場に影響しているようで、世界で
株安となっているようです。アメリカの
株式市場が閉まった日の次の日に
始めに開くのは日本の株式市場の
ようで、アメリカのダウ工業株平均の
終値の動きで、日本の株式の動きを、
ある程度予想がつくかもとも
思われてきたりもしそうすが・・・・。
気になるところでしょうか・・・・。



2018.02.09 Fri l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
1月17日のアメリカのニューヨークの
株式市場で、景気が好調なことを現わして
いるのかのように、ダウ工業株平均が
大きく上がり、26000ドル台になったようです。

ところが、2月に入り、2日には逆に大きく
665ドルも下げたようです。この下げ幅の
大きさは、リーマンショック後のもの以来で
9年2ヶ月ぶりのものとなったようです。
えっ、ひょっとしたら、この後景気が
下がっていくのかも、そんな気持ちにも
なりそうになってきますが・・・・。

好調のはずのアメリカの経済がなんで?と、
首をかしげたくにもなりそうですが・・・・。
その原因は、発表されたアメリカの1月の
雇用統計の結果にあるようです。非農業部門の
就業者数が予想を超える伸びとなっていた
ようです。

好調さが更に上向きとなれば、米連邦準備
制度理事会(FRB)が、利上げの回数を
予定よりも増やすのではないか、との
見方も出てきてのことのようです。

利上げをすれば、お金の流れが悪く
なりつつなって、それが企業への悪い
影響となるかもというリスクになるで
あろうから、その前に対応ということに
なるのでしょうか。

株価は、上がっていくと利潤を確定するための
売りが出て下がり、ということが繰り返されて、
ということがしばらく続き、経済が好調で
あれば、また上がっていくということに
なるということを、聞いたことがあるように
思われますが・・・・。

金利が上がるのであれば、株式を売って
その利潤をより安全な預金などにして保管しておくと
いうこともあるでしょうか。しかし、この下げ幅は
大きすぎるのでは、との見方もあるようです。
他にも原因があるのでは、との意見もある
ようですが・・・・。アメリカの株価の動き、
今後どうなっていくのか、ちょっと気になる
ところででしょうか。
2018.02.06 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top