FC2ブログ
発表された去年の10月~12月の期の
GDP(国内総生産)の2次の速報値は
1.9%となったようで1次の速報値よりも
上向きで修正されたようです。

ところが、1月の景気動向指数について
内閣府が発表したところによると、景気が
下向きに変わっているかもという内容ものだった
ようです。その前には、戦後で一番長い
6年と2ヶ月という景気の拡大が続いている
のではということだったようですが・・・・。

内閣府に発表された1月の景気動向指数の
速報値では、景気の現在の様子を
あらわす現状の一致指数が前の月よりも
2.7下がっていたようで、97.9だったようです。
3ヶ月続いて悪くなったようです。

長く続いた景気の拡大が、これ以上
続かなくなって下がりの方向になっているのでは、
とのことのようですが・・・・。本当に、
そうなっているのではという内容の話も
あるようですが・・・・。

景気動向指数というのは、景気の動きを
素早く感じる有効求人倍率などをもとに
判断されるもののようで、先行き、現状、過去の
三つがあるようです。

山を越えたかどうかは、データなどを分析して
1年ぐらい経ってから分かるようですが・・・・。

アメリカと中国との貿易戦争といわれているものや、
イギリスのEUからの離脱のことなども関係して
いるでしょうか・・・・。局面が変われば、
世界の経済の動きも変わって、日本の経済の
動きも変わってくるでしょうか・・・・。
世界の経済の動きとそれに関っての日本の
経済の動き、気になるところでしょうか・・・・。
2019.03.13 Wed l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
景気はよくなってきているようですが・・・・。
有効求人倍率は1倍を超え、人手不足の
業界も増えているようです。となれば、
人件費は上がっきているようで、商品の
配送もガソリン価格が上がれば、輸送費も
上がってとなれば・・・・。企業が苦しくなって
商品の値上げとなって、ということに
なるでしょうか・・・・。

商品の値上げについては、多くは4月1日からの
ようです、まずは、清涼飲料水のメーカーですが、
大型のペットボトルで20円上げるようです。
乳業のメーカーで牛乳やヨーグルトなどを
値上げするようです。さらには、カップ麺や
アイスクリームなども値上げになるようです。

企業も諸経費が上がってその分を吸収でき
なくなってやむを得ず、商品の値上げに
踏み切らざるをえなくなって、というところで
しょうか・・・・。

企業や問屋などからから商品を買って、店頭で
販売するスーパーやコンビ二などの小売店では
値上げをそのまま上乗せして販売ということには
なかなかなりにくいように思われたりもしますが・・・・。
売り方を工夫するということが必要になって
くるでしょうか・・・・。

1個や2個では定価通りだが、3個以上まとめて
買えば1割引き、6個以上なら2割引きという
売り方も出てくるでしょうか。また、値上げ分は
3ヶ月間はポイントで還元というところも
ありそうにも思われたりもしますが・・・・。

商品が売れて収入(給料)が上がり、商品が
値上がりしても、収入(給料)が上がったことで
商品が売れる・・・・、こんなお金のよい循環が
できてくれば、と思われたりもしますが・・・・。
そこまでは、まだまだかなとも思われたりも
しますが・・・・。

2019.02.25 Mon l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
景気の動きについて気になってくるのが
GDPでしょうか。上がれば景気がよくなって
きている、下がれば景気が悪くなって
いくのではないかと、そんなふうにも思われて
きてしまいそうですが・・・・。

2月14日に内閣府はGDPの昨年の10月~12月の期の
1次の速報値を発表したようです。物価の
動きなどの影響を除いた実質で前の期よりも
0.3%増えていたようです。これが1年間続いたと
すれば、1.4%増えるということになるようです。
それまでは、2つの四半期が続いて下がって
いたようですが・・・・。

というのも、この前の期である7月~9月の期は、
豪雨や台風が続いて大きな被害があり、被害を
うけた工場などでは製品がつくれないことも・・・・。
また、雨で外出できなくて個人消費が
落ち込んだということもあったようです。
こうした自然災害の影響でしょうか、訪日の
外国人観光客も減っていたようです。

こうした自然災害の影響も薄れて10月~12月の期は
プラスの成長ということになったようです。
工場の生産が戻り、高くなっていた野菜の
価格も安定してきて、個人消費も増えてと
いうことになってきたようです。自然」災害が
きっかけで、景気がだんだん下がっていくと
いうことにはならなかったようですが・・・・。

ただ気がかりなのは、貿易戦争とか
貿易摩擦とか言われているアメリカと中国との
やりとり。その影響でしょうか、輸出は
戻ってきているようですが、落ち込む前の
ところまでには戻っていないようです。
中国とアメリカの話し合い、今後も気になる
ところでしょうか・・・・。
2019.02.19 Tue l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
EUからの離脱をめぐって揺れ動いているイギリス、
合意のない離脱となるか、それとも合意しての
離脱となるか、気にされている方も多いでしょうか。
そんな中で、2月11日にイギリスの統計局が
2018年のGDPの速報値を発表したようです。

前の年2017年と比べて1.4%増えたということの
ようですが、これは6年前の2012年以来の
低い成長となったようです。EUからの離脱という
選択肢をえらんで、EUからの合意しての
離脱のために交渉しているようですが、
どうなるのかわからないところもあって、
それが企業などの活動にもマイナスの
影響がでているのかもとも思われたりも
してきますが・・・・。各部門も伸び率が
下がっているようで、マイナスになった
業種もあったようだとか・・・・。

このような、GDP(国内総生産)の様子で
あるとすれば、EUから離脱するか、
それとも残留するのか、そのほかの
方策はないのか、などと悩むイギリス人の
方がさらに多くなりそうではとも思われて
きたりもしますが・・・・。
2019.02.13 Wed l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
離脱するためのイギリスとEUとの
離脱合意協定案はできたようですが、
イギリスの議会が承認するかどうかは
なかなか先が見えてこないようようですが・・・・。

その議会が1月29日に行われたようです。
こもまま協定案が承認されなければ、3月の
末に合意のない離脱となるようで、世界の
経済にも影響が出そうなようにも思われて
きますが・・・・。

議論の結果、離脱の期日の延期をする案や
国民投票を再度実施する案は否決されたようです。
そして、可決されたのは離脱の合意協定案を
修正すればそれを支持するというものだったようです。
それで、イギリスの政府は修正案をつくり、EUと
再度の交渉ということになるようですが・・・・。
しかし、EUは再交渉はしないとしているようですが・・・・。

イギリスの国内の事情もあってか、国として
一つの案にまとまるというのは、なかなか難しいかもとも
思われてきたりもしますが・・・・。だれもが
納得できる離脱合意協定案の修正案が
できればよいのですが・・・・。


2019.02.06 Wed l しょうちゃんの日々つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top